真言宗醍醐派とは

京都市伏見区の醍醐寺を総本山とする真言宗のひとつ。
弘法大師を宗祖と仰ぎ、理源大師・聖宝を開祖とする。
本派成立の起源は、弘法大師の実弟・真雅僧正の弟子である理源大師・聖宝が874年笠取山に自ら彫った准胝観音と如意輪観音を庵に安置し、醍醐天皇の帰依を受け、勅令によって薬師堂、五大堂などの諸堂を建立しながら醍醐寺を開創したことに始まる。以降、醍醐寺は小野流と呼ばれる法流を中心とした法流本山として、祈りの伝承を現在に受け継いでいる。
傍ら修験道の曩祖・神変大菩薩の霊異秘訣を相承し、永らく途絶えていた大峯山入峰修行を再開して修験道を再興し、山岳修行とともに諸仏教を納めて、修験道と密教法流を確立した。現在でも醍醐寺、真言宗醍醐派の寺院・教会は、聖宝の残した「実修実証~入りて学び出でて行なう」を教えのもととして、真言宗本宗と修験道を学び、実践している。

1879年(明治12)、明治政府による教王護国寺(東寺)を中心とした真言宗一管長制度により、大本山に列した。
その後1900年(明治33)、真言宗醍醐派として独立。
また、修験道の本山としては、江戸時代になってから真言宗系修験道を統括していたが、明治政府による修験寺院の廃止が決定されると、醍醐寺内に恵印部を設けて、全国の修験道行者の受け皿として修験寺院を統制した。
1919年(大正8)、恵印部を廃し、修験寺院を真言宗醍醐派末寺にした。
1941年(昭和16)、古義・新義真言宗は政府の政策によって合同され大真言宗となるが、1946年(昭和21)に真言宗醍醐派として独立して現在に至っている。

現在、真言宗醍醐派宗務本庁では、
①「宗教法人の正しい理解と運営」
②「人間自身を尊重した、命の尊厳、死者の尊厳」
③「祈りの実践」
この三つの柱を中心として活動しています。
特に、寺院・教会の公益性を高めることに力を入れており、地域のニーズにいかに応えていくのかということを考え、全国の末寺・教会に「あなたのお話をお聞きします」というプレートを配布しております。
また、「五大力さん」の布教宣揚にも力を入れており、様々な活動を始めています。

今月の管長様のおことば

> 一覧を見る
2022年01月01日

令和四年新春を、皆様ご平安にお迎えになられたことを、心よりお祝い申し上げます。 

年を送り、年を迎える楽しみは、過去から未来へと続くときめきを覚え、新年を言祝ぐ行事の中におのずと身のひきしまる思いを寄せます。 

とりわけ本年の新春は、「太元帥御修法」奉修の年であります。 

奉修の縁故につきましては、「国宝醍醐寺文書聖教」14011号一巻に承和七年(840)法琳寺常暁は、自ら請来した玉体安穏を掲げる太元厳修の勅許を受けた。 

 太元法は鎌倉時代より醍醐寺理性院で相承されたが、その由来から厳修の詳細を記した本書は時代をさがる永享7年(1435)に書写されたものである。 

今ここに、あらためて奉修の旨趣及び由来書をしたためるならば、 

「太元帥御修法奉修の旨趣及び由来書 

夫れ太元帥御修法は鎮護国家の要道にして玉體安穏を禱り奉るを以って本旨とす。 

我が宗祖弘法大師初めて太元帥明王の儀軌を請来し常暁和尚重ねて尊像壇儀を伝え 承和七年常暁太元阿闍梨の宣旨を蒙り 勅を奉じて此の秘法を修し奉れり 越えて文徳天皇の仁壽元年十二月特に國典と定めらる   爾来 天皇御即位の時は必ず宮中に於て 勤修せしめらるるを以って恒規と定めさせ給えり 

 斯くて歴朝の聖帝叡信浅からず世々嫡々相承の阿闍梨に勅して之れを勤修せしめられ明治四年に至るまで連綿として断ゆる事なかりき 而して大正四年十一月  先帝御即位の御大禮を行われせ給うや 斯法を教王護国寺灌頂院に於て修せしめらる 伏して惟みるに今上陛下聖徳天の如く億兆齊く仰ぐ今や将に即位の大禮を行わせ給わんとす 

小衲皇恩の萬一に報い奉らんが為に謹んで歴代聖帝の叡信を仰ぎ仏 

祖嫡伝の行軌に則り玉體安穏寶祚無窮天下泰平萬民豊楽を祈りて皇    業愈々隆昌に國運益々旺盛にして徳澤天下に普く頌音四海に溢るるを期し奉らんと爾云う 

令和四年 元旦 順和 記」 

 この祈りの大法は、醍醐寺塔頭理性院に於いて受け継がれてきました。 

昭和天皇の時は、真言宗各本山管長総出仕のもと東寺教王護国寺灌頂院に於いて昭和3年に奉修され、盛儀を見ました。 

平成の御代(みよ)は、社会の悪弊により真言宗各派総大本山会が辞退したため、理性院一山に於いて静かに勤めました。 

今般、令和の御代は、醍醐寺が山はもとより宗団挙げて奉修いたします。是非この機会に御出仕をいただきたくご案内致します。 

 私達は、天皇即位により、新しい元号の時代が始まりました。この時にあたり、自分自身の価値判断の基準になっている「霊性的自覚」について再確認したいものです。 

人間の理性的判断を分別と考えるならば、分別は欠くことのできない人間生活の営みです。この分別が、一人の神様の上での判断と、東洋を中心とする多神教・仏教的理念の上での分別とでは大きな差があります。東洋的、仏教の立場からなら、世界中にある知識の枠組みを超える可能性を秘めているのです。   

最近私は、9・11同時多発テロ事件以後の二人のフランス人哲学者の発言に心を再び惹かれました。 

レジス・ドブレ先生は、『神』と題する著書の中で「一神教を生んだ砂漠の民が、摩天楼に自分たちの記憶を思い起こさせた」と書き、神の起源について論ずる中で「なぜ米国が傲慢に振る舞うかを解くカギは、神の存在にある。  

米国は物質的・合理主義の国のように思われているが、実は、神の祝福を受けて選ばれた特別な国であるという精神主義に支えられている」と著述され、この章の終言として、「二千年も前に発明された神が、なぜいま、われわれの間に居続け流のか。この問題を抜きにしては、世界は読み解けない」と、新たな思想体系の構築を模索する発言をしています。  

もう一人のジャック・デリダ先生は、パリ市内にある社会科学高等研究院で一年のテーマを『けものと主権』と題してゼミを開かれました。 

これは現在を「新たな世界内戦の時代」と捉えての発言です。 

 「オオカミ(戦争を中心とする恐怖の象徴)は、足音を立てずに近づいてくる。このオオカミはテロリストのようにも見え、権力者とも見える」と受講者に呼びかけ、 

「動物と人間を区別するものは何か?人間の恐怖とは何か?などと根元にさかのぼって考えなければならない問題は多い。作業は急がなくてはならない」と問題の提起をしています。 

そして、この二人の哲学者の提言に世界中の哲学者、政治学者、言語学者、社会学者が小論文を寄せています。いずれも「西欧的な知識の合理性の行き詰まり」を強調しています。  

ここで、強く感じるのは、大きなうねりの中、音も立てずにひび割れていくような現実を前に、伝統的な知識の枠組みを再検討し、枠を乗り越えた新たな思想の構築の模索が、ヨーロッパ社会に起きて、その広がりを見ることができることです。 

それは人間観や、宗教観の根源的な問い直しに他ほかなりません。   

これから私たちみんなが、真の〝心の時代〟到来とともに思えるような第一歩を踏み出すためにも、〝神から示し与えられた心〟と認識する前に、神様と自分の心の間に〝人が生きるために〟という人間観を入れて、人が共々に生きるために心を運ぶ「霊性的自覚」の基に、心豊かな生活をしましょう。 

新着情報

2022年07月20日
●「神変別冊」発行のお知らせ

神変誌の公告・録事・告知の役割は、令和4年7月号から、「神変別冊」と装いを新たにし、毎月6日発行、8日に発送されるようになりました。

宗派内ログインページにアップされていますので、ご確認ください。

神変誌本来の学術誌としての役割は年2回の発行となります。

2022年06月10日
●更新のお知らせ

宗派内ページの寺院教会名簿、宗務所下寺院一覧が更新されました。

2022年02月17日
●令和3年度教学研修会のお知らせ

以下の日程で教学研修会を開催いたします。Zoomでの参加も受け付けております。詳細・申込は以下のリンクをご覧ください。

日程:令和4年3月9日(水)第1部13:30~15:00 第2部15:15~16:00

内容:第1部「三宝院流と三宝院門跡」講師:藤井雅子日本女子大学教授

第2部「太元帥明王と太元帥法」講師:壁瀬宥雅僧正

2022.03.09教学研修会案内

2022.03.09教学研修会申込書

2021年12月06日
●年末年始の宗務本庁

令和3年12月28日から令和4年1月4日まで、宗務本庁は閉庁いたします。お急ぎの申請書類等は日程を考慮してご提出ください。

2021年11月30日
弘法大師諡号下賜1100年慶讃法要無魔成満のお知らせ

11月25日の竪義会研修会から11月29日の醍醐天皇報恩謝徳法要に至るまでの、弘法大師諡号下賜1100年慶讃法要は皆様のお力添えを頂きまして、無事に終了することができました。

厚く御礼申し上げます。

2021年11月17日
●竪義会復興法要と研修会のお知らせ

竪義会法要は、弘法大師諡号1100年を慶讃し、義演僧正の復興資料を基に東大寺様の協力を得て復興されることになりました。

それを記念して、日本女子大学名誉教授永村眞先生による講演会も行われます。是非ご参加ください。

記念講演:11/25(木) 午前10時より 「醍醐寺竪義会の解説」 日本女子大学名誉教授永村眞氏  場所:醍醐寺研修棟

法要日時:11/26(金) 午前10時~   平座理趣三昧法要  場所:金堂

午後12時30分~ 竪義会  場所:金堂

両日の研修費用として1人1万円をお納めください。

2021年11月17日
●弘法大師諡号下賜1100年慶讃法要について

本年は空海上人が醍醐天皇から「弘法大師」の諡号を下賜されて1100年に当たり、開山聖寶理源大師、第1世観賢座主の師への想い大切に受け継ぎながら慶讃大法要を11/27に厳修いたします。

醍醐派教師各位には、ご協力の程をお願い申し上げます。

2021年08月25日
●寺院・教会名簿更新のお知らせ

令和3年8月25日現在の寺院・教会名簿情報を更新しました。

2021年08月20日
●令和3年度伝法教校について

令和3年9月に予定しておりました修験伝法教校は、12月に延期が決まりました。申し込まれた方々へは個別にご連絡させていただきます。

2021年06月28日
●令和3年度宗費賦課金のご請求について

例年6月初頭にご請求させていただいております、宗費賦課金請求書は、6月末から7月初旬にかけて皆様のお手元に届くように準備いたしております。今しばらくお待ち頂きますよう、お願い申し上げます。