真言宗醍醐派とは

京都市伏見区の醍醐寺を総本山とする真言宗のひとつ。
弘法大師を宗祖と仰ぎ、理源大師・聖宝を開祖とする。
本派成立の起源は、弘法大師の実弟・真雅僧正の弟子である理源大師・聖宝が874年笠取山に自ら彫った准胝観音と如意輪観音を庵に安置し、醍醐天皇の帰依を受け、勅令によって薬師堂、五大堂などの諸堂を建立しながら醍醐寺を開創したことに始まる。以降、醍醐寺は小野流と呼ばれる法流を中心とした法流本山として、祈りの伝承を現在に受け継いでいる。
傍ら修験道の曩祖・神変大菩薩の霊異秘訣を相承し、永らく途絶えていた大峯山入峰修行を再開して修験道を再興し、山岳修行とともに諸仏教を納めて、修験道と密教法流を確立した。現在でも醍醐寺、真言宗醍醐派の寺院・教会は、聖宝の残した「実修実証~入りて学び出でて行なう」を教えのもととして、真言宗本宗と修験道を学び、実践している。

1879年(明治12)、明治政府による教王護国寺(東寺)を中心とした真言宗一管長制度により、大本山に列した。
その後1900年(明治33)、真言宗醍醐派として独立。
また、修験道の本山としては、江戸時代になってから真言宗系修験道を統括していたが、明治政府による修験寺院の廃止が決定されると、醍醐寺内に恵印部を設けて、全国の修験道行者の受け皿として修験寺院を統制した。
1919年(大正8)、恵印部を廃し、修験寺院を真言宗醍醐派末寺にした。
1941年(昭和16)、古義・新義真言宗は政府の政策によって合同され大真言宗となるが、1946年(昭和21)に真言宗醍醐派として独立して現在に至っている。

現在、真言宗醍醐派宗務本庁では、
①「宗教法人の正しい理解と運営」
②「人間自身を尊重した、命の尊厳、死者の尊厳」
③「祈りの実践」
この三つの柱を中心として活動しています。
特に、寺院・教会の公益性を高めることに力を入れており、地域のニーズにいかに応えていくのかということを考え、全国の末寺・教会に「あなたのお話をお聞きします」というプレートを配布しております。
また、「五大力さん」の布教宣揚にも力を入れており、様々な活動を始めています。

今月の管長様のおことば

> 一覧を見る
2019年01月01日

平成三十一年の新春を寿ぎ、新年のご挨拶を申し上げます。
本年五月一日には、天皇陛下のご譲位によって新しい御代が開きます。わたくしは、この時にあたり尊い「いのち」の相続、「いのち」の循環の尊さを思わずにはいられません。
醍醐寺―この寺の長い歴史、時の流れは、わたくしたちに多くの夢とときめきをもたらします。醍醐水を中心にこのお山は、古くから諸佛諸菩薩が雲集する聖地であるという、開創の神秘性を持つ豊かな舞台です。舞台は、ひとの「いのち」の向こう側にある心を生かすところです。今この舞台を前に深く「いのち」を考える時、「いのち」を一言で言うならば、自分自身が使える時間です。自分自身に与えられた時間、これが「いのち」です。そしてこの「いのち」には、“目に見える「いのち」”と“目に見えない「いのち」”があります。“目に見える「いのち」”は、自分が生きているこの「いのち」です。この「いのち」は自分自身が感じる事が出来る「いのち」です。また、“目に見えない「いのち」”とは、私たちと同じように、自分に与えられた時間を使い切った人々の「いのち」です。
父母の「いのち」であり、祖父祖母の「いのち」でありましょう。それを私たちは、ご先祖様と呼び、衆生の「いのち」と表現しています。西方へ旅立った多くの人々の「いのち」、これが“目に見えない「いのち」”です。この“目に見えない「いのち」”に呼びかけることにより、自分の心のたたずまいをただすことができます。“目に見える「いのち」”に対する祈りを「ご祈願」と呼び、“目に見えない「いのち」”に対する祈りを「ご廻向」と呼びます。廻向は追善とか追福という言葉でも表されています。
そして、この祈りの世界で、今日なお祈り続けることができるのは、人は自然の中で生き、「縁」をもって大きな弧を描きながら「いのち」から「いのち」へと受け継がれる循環の尊さがもたらすものです。この尊さに対して、畏敬の念をもって自分自身を社会に明らかにし続けることが大切です。
今世界の人々は、この寺に古の神秘性豊かな心を求めて、大きな舞台に触れたいと、醍醐寺を訪れます。わたくしは、世界の人々に対して、国境を越えた祈りとして、 「いのち」に心寄せ合いましょう。 「いのち」に対して手を合わせ、 「いのち」に対して祈りましょう。
これを提言し「国境なき祈り」とし、世界の和平を至心に願うものであります。

真言宗醍醐派管長
大僧正 仲田 順和

新着情報

2019年07月02日
●修験得度の要項が変わりました。

9月13日から14日の日程で開催される、修験得度の要項が変わりました。提出書類も変更となりましたので、修験得度授戒予定者は、必ず宗派内ページにログインして確認してください。

2019年06月05日
●令和元年度「第53回少年少女の集い」開催のお知らせ

令和元年8月3日(土)~6日(火)までの3泊4日の日程で、第53回少年少女の集いが開催されます。詳細は宗派内ページに掲載しております。皆様のご参加をお待ち申し上げております。

2019年04月18日
●恵印七壇法加行実修開催のお知らせ

平成31年度の恵印七壇法加行実修の日程が決まりましたので、お知らせいたします。申し込み、詳細は、宗派内ページにログインして「各種行事の申込」の2番をご覧ください。

2019年03月28日
●平成31年度三憲伝授、修験伝法教校の日程が決まりましたので、ご案内申し上げます。

平成31年三憲伝授は、5月10日より始まります。宗派内ページから詳細要項、申込用紙がダウンロードできますので、ご利用ください。

令和元年度修験伝法教校は、9月13日より17日までの日程で開講されます。詳細は、決まり次第宗派内ページに掲載します。

2018年10月01日
●台風24号の被害に遭われた皆様へ

この度の台風被害に遭われた方に対し、心よりお見舞い申し上げます。醍醐派末寺・教会の皆様で被害に遭われた方は、宗務本庁まで被害状況をお知らせください。

2018年09月05日
●「真言宗寺院教会総合保全会」にご加入の皆様へ

この度の台風21号で被害に遭われた場合、①被害状況のわかる写真②市町村の発行する罹災証明③修繕見積もりの3点を準備して頂き、保全会宛に郵送してください。

2018年09月05日
●台風21号の被害に遭われた皆様へ

この度の台風被害に遭われた方に対し、心よりお見舞い申し上げます。醍醐寺も大きな被害に遭い、現在調査並びに復旧中です。醍醐派末寺・教会の皆様で被害に遭われた方は、宗務本庁まで被害状況をお知らせください。

2018年05月24日
●真言宗醍醐派公式サイトがリニューアルされました。

今後、宗務本庁からのお知らせ、録事等は本サイトで告知されます。宗派内ページへのパスワードは全教師宛に発送いたしておりますので、必ずご確認ください。

●宗費賦課金納入のお願い
教師賦課金、寺院・教会賦課金は、真言宗醍醐派を維持運営するための大切な資金です。期限内の納入をお願い申し上げます。
尚、各種申請、承認、僧階昇補などの際、宗費賦課金の未納金がありますと受付ができませんのでご注意ください。

●「全国末寺・教会の活動」
「全国末寺・教会の活動」は、真言宗醍醐派末寺・教会の皆様で作るページです。
行事の宣伝、告知、活動紹介等幅広くお使いください。投稿は、宗派内ページ(ログインページ)からできますので、是非ご利用ください。

2017年09月21日
●教師証明証申請並びに更新のお知らせ

教師証明証(IDカード)は、本年度が更新となっております。
IDカード用写真ご提出のお願い、申請・更新・変更用紙を送付させていただいておりますが、新規の申請、変更事項のある方は早めにご返送してください。
既に、手元に新しいIDカードが届いている方は、表記事項を必ず確認いただき、変更等がございましたら、宗務本庁までご連絡ください。
詳細は、宗派内ページをご覧ください。