真言宗醍醐派とは

京都市伏見区の醍醐寺を総本山とする真言宗のひとつ。
弘法大師を宗祖と仰ぎ、理源大師・聖宝を開祖とする。
本派成立の起源は、弘法大師の実弟・真雅僧正の弟子である理源大師・聖宝が874年笠取山に自ら彫った准胝観音と如意輪観音を庵に安置し、醍醐天皇の帰依を受け、勅令によって薬師堂、五大堂などの諸堂を建立しながら醍醐寺を開創したことに始まる。以降、醍醐寺は小野流と呼ばれる法流を中心とした法流本山として、祈りの伝承を現在に受け継いでいる。
傍ら修験道の曩祖・神変大菩薩の霊異秘訣を相承し、永らく途絶えていた大峯山入峰修行を再開して修験道を再興し、山岳修行とともに諸仏教を納めて、修験道と密教法流を確立した。現在でも醍醐寺、真言宗醍醐派の寺院・教会は、聖宝の残した「実修実証~入りて学び出でて行なう」を教えのもととして、真言宗本宗と修験道を学び、実践している。

1879年(明治12)、明治政府による教王護国寺(東寺)を中心とした真言宗一管長制度により、大本山に列した。
その後1900年(明治33)、真言宗醍醐派として独立。
また、修験道の本山としては、江戸時代になってから真言宗系修験道を統括していたが、明治政府による修験寺院の廃止が決定されると、醍醐寺内に恵印部を設けて、全国の修験道行者の受け皿として修験寺院を統制した。
1919年(大正8)、恵印部を廃し、修験寺院を真言宗醍醐派末寺にした。
1941年(昭和16)、古義・新義真言宗は政府の政策によって合同され大真言宗となるが、1946年(昭和21)に真言宗醍醐派として独立して現在に至っている。

現在、真言宗醍醐派宗務本庁では、
①「宗教法人の正しい理解と運営」
②「人間自身を尊重した、命の尊厳、死者の尊厳」
③「祈りの実践」
この三つの柱を中心として活動しています。
特に、寺院・教会の公益性を高めることに力を入れており、地域のニーズにいかに応えていくのかということを考え、全国の末寺・教会に「あなたのお話をお聞きします」というプレートを配布しております。
また、「五大力さん」の布教宣揚にも力を入れており、様々な活動を始めています。

今月の管長様のおことば

> 一覧を見る
2021年01月12日

御即位の一連の行事を国民の祝福のうちにつつがなくおさめられ、心新たに令和三年の新春を寿ぎます。今年は、醍醐天皇が空海上人に大師号を下賜されてから1100年の年にあたります。

観賢僧正が大師号の下賜を願い出た際、本覚大師という名を奉請されましたが、醍醐天皇は空海上人のご業績を称え、弘く法を伝えるという意味から「弘法利生」という言葉の中の「弘法」という二字をとり、大師号をお贈りになられました。

今日では、醍醐天皇の意図とされた、「弘法利生」というお言葉をなかなか聞く機会が少なくなりました。「大師未だおわします」「衆生済度してやまじ」は今日の大師信仰の根本です。

醍醐寺は、空海上人の弟である真雅僧正の弟子にあたる聖宝僧正が准胝観世音菩薩と如意輪観世音菩薩の二体の観音像を謹刻され、この地に小さな庵を建てて開創されました。この小さな庵に、時の帝・延喜帝が大きな御請願を込められました。ご自分の母方の祖父母が、准胝観世音菩薩に願をかけられた結果、母君の胤子がご自分(延喜帝)を身ごもられたという、出生にまつわるお話をお聞きになって、当時お子様に恵まれなかった延喜帝は、一心に准胝観世音菩薩に祈られ、穏子皇后との間に二人の皇子、のちの朱雀天皇、村上天皇がお生まれになりました。

延喜帝はこのご信仰から、ご自身の名を「醍醐」と名乗られました。そしてそれ以来、「醍醐天皇」とお呼びするようになりました。

醍醐天皇の御誓願は大きく注がれました。ご自身が祈りを捧げられた准胝観世音菩薩の霊験のもと、聖宝様に薬師如来をおまつりし、人々の病の癒しを祈ることを命じられました。また、五大尊像をおまつりし、仁王法を修することにより国の安泰、人々の平和を祈ることを進言されました。

空海上人を思慕したのが聖宝理源大師であり、聖宝理源大師のお心をそのままに、わかりやすく説いたのが観賢僧正でした。聖宝理源大師は霊性豊かな方で、目に見えないものへの呼びかけを大切にされました。

「観賢僧正は、お大師様の休まれている御廟へと入っていかれました。そこでお大師様のお姿を見ると、髪とひげが伸びていたので剃って差し上げ、新しい衣にお着替えしていただいた」とのお話が残っています。

~人が人に対して祈る~

多くの現代人にとって、祈りの原点になっているのが「人が人に対して祈り、命が命に対して祈る」という行為です。世界の諸宗教でも、人を虐げられると神ではなく人に祈る、「大師いまだおわします」の本質はここにあります。亡くなった命に対しても、生きているままにお仕えするのです。

『千の風になって』という歌があります。2001年9月11日のニューヨークでの『米中枢同時テロ』の現場で、父親を亡くした少女が朗読した詩です。

『A THOUSAND WIND』十二のセンテンスからなる詩です。

「Do not stand at my grave and weep,

I am not there, I do not sleep.

I am a thousand winds that blow.」

 

非常にやさしい言葉で呼びかけています。そしてその中で、私が心を引かれた言葉の一つに

「I am the gentle autumn’s rain.」という言葉があります。

 

そして最後には、

「Do not stand at my grave and cry. I am not there, I did not die.」

という言葉で本当に優しい言葉で、優しい心を伝えています。

「私のお墓の前で 泣かないでください そこに 私はいません

死んでなんかいません」

 

ここに、お大師様の祈りが表れています。この歌が共感を呼んでいることを一つとっても大師信仰は間違いなかったのだと思います。

少しお考えいただきたいのです。この歌の伝える心は、私たち日本人が長い間培ったところの弘法大師のご信仰、そして聖宝理源大師のお心の現れのように思えてなりません。

 

どうぞ、そのような意味で私たちは今起きている社会の大きなうねりの中にあって、是非、優しい言葉で、優しい心を伝えるよう努力していきたいものです。そして「弘法利生」私たちは共々に「国境を超えてヨーロッパ社会に、アメリカ社会に、そして日本の社会の中にも、人間観や宗教観の根本的な問い直しが存在する」、これをきちっと読み取る必要があることを自覚していただきたいのです。

真言宗醍醐派管長 仲田 順和

新着情報

2021年11月30日
弘法大師諡号下賜1100年慶讃法要無魔成満のお知らせ

11月25日の竪義会研修会から11月29日の醍醐天皇報恩謝徳法要に至るまでの、弘法大師諡号下賜1100年慶讃法要は皆様のお力添えを頂きまして、無事に終了することができました。

厚く御礼申し上げます。

2021年11月17日
●竪義会復興法要と研修会のお知らせ

竪義会法要は、弘法大師諡号1100年を慶讃し、義演僧正の復興資料を基に東大寺様の協力を得て復興されることになりました。

それを記念して、日本女子大学名誉教授永村眞先生による講演会も行われます。是非ご参加ください。

記念講演:11/25(木) 午前10時より 「醍醐寺竪義会の解説」 日本女子大学名誉教授永村眞氏  場所:醍醐寺研修棟

法要日時:11/26(金) 午前10時~   平座理趣三昧法要  場所:金堂

午後12時30分~ 竪義会  場所:金堂

両日の研修費用として1人1万円をお納めください。

2021年11月17日
●弘法大師諡号下賜1100年慶讃法要について

本年は空海上人が醍醐天皇から「弘法大師」の諡号を下賜されて1100年に当たり、開山聖寶理源大師、第1世観賢座主の師への想い大切に受け継ぎながら慶讃大法要を11/27に厳修いたします。

醍醐派教師各位には、ご協力の程をお願い申し上げます。

2021年08月25日
●寺院・教会名簿更新のお知らせ

令和3年8月25日現在の寺院・教会名簿情報を更新しました。

2021年08月20日
●令和3年度伝法教校について

令和3年9月に予定しておりました修験伝法教校は、12月に延期が決まりました。申し込まれた方々へは個別にご連絡させていただきます。

2021年06月28日
●令和3年度宗費賦課金のご請求について

例年6月初頭にご請求させていただいております、宗費賦課金請求書は、6月末から7月初旬にかけて皆様のお手元に届くように準備いたしております。今しばらくお待ち頂きますよう、お願い申し上げます。

2021年06月17日
●宗務本庁業務受付時間のお知らせ

宗務本庁では、平日の午前9時から午後5時までの受付となっております。

土曜日、日曜日、祝日の受付は致しておりませんので、届出・申請書類のご提出の際はご注意ください。

 

2021年05月23日
●令和3年大峯山花供入峰について

「令和3年花供入峰について仲田順和三宝院門跡のお言葉」

 

 

2020年04月27日
●YouTube「醍醐の桜」のご案内

外出自粛でご自宅でお過ごしの皆様に、醍醐寺の桜の映像をお届けいたします。明日の京都文化遺産プラットホームさんと大日本印刷さん、毎日放送さんが協力して、4年ほど前に4K映像で制作したものです。大変美しい映像ですので、少し遅い醍醐の花見を、醍醐寺の歴史と文化を交えてお楽しみください。また、是非檀信徒の皆様にもお伝え頂き、お楽しみ頂ければ幸いです。→動画「醍醐の桜」

2020年01月05日
●ホームページのリンクのご案内

貴寺院・教会(但、真言宗醍醐派に限ります)のホームページを当ホームページの寺院紹介ページにリンクをご希望の方にご案内致します。→詳細・申込用紙はこちらから