真言宗醍醐派とは

京都市伏見区の醍醐寺を総本山とする真言宗のひとつ。
弘法大師を宗祖と仰ぎ、理源大師・聖宝を開祖とする。
本派成立の起源は、弘法大師の実弟・真雅僧正の弟子である理源大師・聖宝が874年笠取山に自ら彫った准胝観音と如意輪観音を庵に安置し、醍醐天皇の帰依を受け、勅令によって薬師堂、五大堂などの諸堂を建立しながら醍醐寺を開創したことに始まる。以降、醍醐寺は小野流と呼ばれる法流を中心とした法流本山として、祈りの伝承を現在に受け継いでいる。
傍ら修験道の曩祖・神変大菩薩の霊異秘訣を相承し、永らく途絶えていた大峯山入峰修行を再開して修験道を再興し、山岳修行とともに諸仏教を納めて、修験道と密教法流を確立した。現在でも醍醐寺、真言宗醍醐派の寺院・教会は、聖宝の残した「実修実証~入りて学び出でて行なう」を教えのもととして、真言宗本宗と修験道を学び、実践している。

1879年(明治12)、明治政府による教王護国寺(東寺)を中心とした真言宗一管長制度により、大本山に列した。
その後1900年(明治33)、真言宗醍醐派として独立。
また、修験道の本山としては、江戸時代になってから真言宗系修験道を統括していたが、明治政府による修験寺院の廃止が決定されると、醍醐寺内に恵印部を設けて、全国の修験道行者の受け皿として修験寺院を統制した。
1919年(大正8)、恵印部を廃し、修験寺院を真言宗醍醐派末寺にした。
1941年(昭和16)、古義・新義真言宗は政府の政策によって合同され大真言宗となるが、1946年(昭和21)に真言宗醍醐派として独立して現在に至っている。

現在、真言宗醍醐派宗務本庁では、
①「宗教法人の正しい理解と運営」
②「人間自身を尊重した、命の尊厳、死者の尊厳」
③「祈りの実践」
この三つの柱を中心として活動しています。
特に、寺院・教会の公益性を高めることに力を入れており、地域のニーズにいかに応えていくのかということを考え、全国の末寺・教会に「あなたのお話をお聞きします」というプレートを配布しております。
また、「五大力さん」の布教宣揚にも力を入れており、様々な活動を始めています。

今月の管長様のおことば

> 一覧を見る
2020年04月16日

令和2年4月15日 桜会中日「病魔退散」五大力菩薩祈願法要 表白

謹み敬って 真言教主大日如来 両部曼荼羅諸尊聖衆 殊に別ては 本尊聖者不動明王 五大力菩薩 四大八大 諸大忿怒 総じては尽空法界 一切三宝の境界に白して言さく

静かに惟れば全世界は病魔に襲われ 大きな動揺と不安をもたらしているこの病魔は「新型コロナウィルス」と称し 既に十一万人の尊い命を奪い さらに二百万の人々が感染しその治療に苦しんでいる

今ここに醍醐寺桜会中日を迎えるにあたり

祖師伝来の仁王般若経を奉ずる秘法「五大力菩薩祈願法要」を厳修し奉る

仁王般若経と者

一代聖経の中に 独り護国の名有り

五部秘経の内に 更に利人の徳多し

国を護り 人を護る 衆願を満たして欠くることなく

城の如く 壁の如く 諸悪を退けて来たらせず

一千里の外方へ 七難悉く去り

五百城の内室へ 七福皆きたる

之に依り

護国の秘法を修し 病魔の終息を願い

三密の壇場を荘厳し 五大力菩薩の悲願を仰ぎ 百部神王の加持を馮み令和

一心に祈り 病魔退散を願う

若し爾らば

一天泰平 四海無事 五穀成熟 萬民安全

病魔退散 人身和平 乃至法界 平等利益

敬って白す

 

真言宗醍醐派管長

仲田 順和

新着情報

2020年05月08日
●第110回三宝院門跡花供入峰修行について

毎年恒例の6月7日〜9日にかけて実施いたします第110回三宝院門跡花供入峰につきましては、例年は近畿連合会、醐山青年連合会などの協力のもと、500名規模の入峰修行をさせていただいおりますが、今年は、緊急事態宣言継続中、新型コロナウイルスの拡散防止をふまえ、規模を縮小して、峯中門跡以下、10名以内で修行をいたします。例年行っております、駈入駈出の柴灯護摩は、不動護摩とし醍醐寺において修行、四天王寺、龍泉寺、鳳閣寺の護摩修行も遙拝とさせていただき、大阪練行は今年に限り中止とさせていただきます。→三宝院門跡より花供入峰についてのお言葉

2020年05月08日
●宗務本庁の勤務体制・受付時間の変更について

宗務本庁では、この度の緊急事態宣言延長を受け、土・日・祝日を閉庁とし、出勤職員数を調整しながら、午前10時から午後4時までの受付とさせていただいております。お問い合わせや受付等にはすぐに応対できない場合もございますのでご了承ください。

2020年05月08日
●全国宗務所長会の延期について

5月22日(金)に予定されておりました全国宗務所長会は、緊急事態宣言の延期を受け、秋の開催となりました。詳しい日程は、決まり次第ご連絡させて頂きます。

2020年05月08日
●令和2年度得度式、三憲伝授について

只今、日程等調整中です。

2020年05月08日
●令和2年度伝法学院入学式の延期について

5月16日(土)に予定されておりました、伝法学院入学式は6月17日(水)に延期となりました。

2020年04月27日
●YouTube「醍醐の桜」のご案内

外出自粛でご自宅でお過ごしの皆様に、醍醐寺の桜の映像をお届けいたします。明日の京都文化遺産プラットホームさんと大日本印刷さん、毎日放送さんが協力して、4年ほど前に4K映像で制作したものです。大変美しい映像ですので、少し遅い醍醐の花見を、醍醐寺の歴史と文化を交えてお楽しみください。また、是非檀信徒の皆様にもお伝え頂き、お楽しみ頂ければ幸いです。→動画「醍醐の桜」

2020年04月17日
●醍醐派末寺教会の皆様へ

総本山醍醐寺からのお知らせがございます。宗派内ページへログインしてご確認ください。

2020年03月16日
●令和2年度行事日程決定のお知らせ

令和2年度の三憲伝授、得度式、恵印七壇法加行実修の日程が決まりましたのでお知らせします。宗派内ページにログインして「各種行事申込」からご確認ください。

2020年03月02日
●醍醐寺からのお知らせ

本年は、2月23日に醍醐寺においでになれなかった方に対し、五大力尊御影、お守りの受付を延長して行っております。詳しくは醍醐寺ホームページをご覧ください

2020年01月05日
●ホームページのリンクのご案内

貴寺院・教会(但、真言宗醍醐派に限ります)のホームページを当ホームページの寺院紹介ページにリンクをご希望の方にご案内致します。→詳細・申込用紙はこちらから