真言宗醍醐派とは

京都市伏見区の醍醐寺を総本山とする真言宗のひとつ。
弘法大師を宗祖と仰ぎ、理源大師・聖宝を開祖とする。
本派成立の起源は、弘法大師の実弟・真雅僧正の弟子である理源大師・聖宝が874年笠取山に自ら彫った准胝観音と如意輪観音を庵に安置し、醍醐天皇の帰依を受け、勅令によって薬師堂、五大堂などの諸堂を建立しながら醍醐寺を開創したことに始まる。以降、醍醐寺は小野流と呼ばれる法流を中心とした法流本山として、祈りの伝承を現在に受け継いでいる。
傍ら修験道の曩祖・神変大菩薩の霊異秘訣を相承し、永らく途絶えていた大峯山入峰修行を再開して修験道を再興し、山岳修行とともに諸仏教を納めて、修験道と密教法流を確立した。現在でも醍醐寺、真言宗醍醐派の寺院・教会は、聖宝の残した「実修実証~入りて学び出でて行なう」を教えのもととして、真言宗本宗と修験道を学び、実践している。

1879年(明治12)、明治政府による教王護国寺(東寺)を中心とした真言宗一管長制度により、大本山に列した。
その後1900年(明治33)、真言宗醍醐派として独立。
また、修験道の本山としては、江戸時代になってから真言宗系修験道を統括していたが、明治政府による修験寺院の廃止が決定されると、醍醐寺内に恵印部を設けて、全国の修験道行者の受け皿として修験寺院を統制した。
1919年(大正8)、恵印部を廃し、修験寺院を真言宗醍醐派末寺にした。
1941年(昭和16)、古義・新義真言宗は政府の政策によって合同され大真言宗となるが、1946年(昭和21)に真言宗醍醐派として独立して現在に至っている。

現在、真言宗醍醐派宗務本庁では、
①「宗教法人の正しい理解と運営」
②「人間自身を尊重した、命の尊厳、死者の尊厳」
③「祈りの実践」
この三つの柱を中心として活動しています。
特に、寺院・教会の公益性を高めることに力を入れており、地域のニーズにいかに応えていくのかということを考え、全国の末寺・教会に「あなたのお話をお聞きします」というプレートを配布しております。
また、「五大力さん」の布教宣揚にも力を入れており、様々な活動を始めています。

今月の管長様のおことば

> 一覧を見る
2020年01月01日

令和の年、初めての新春を心新たな思いで年を迎えることができました。皆様ご機嫌よく新春を迎えられたことと賀しあげます。

ご即位の行事も滞りなく国民の笑みに包まれ無魔成満し、何よりのことと存じ上げます。

陛下のお言葉を一つ一つ伺う時に、ご自身のお言葉で、上皇様のお心を引き継ぎ国の行く末を深く深く思われていることが感じ取ることができます。中でも国民に寄り添い、そして国民の声を聞くというお言葉を聞くたびに、平成二十九年六月に上皇様の退位を実現する皇室典範特別法が成立した後、陛下は御代替わりのご準備の一環として醍醐寺を訪問され、後奈良天皇ご宸筆の般若心経の写経を中心に歴代天皇のご宸筆をご覧になられました。中でも後奈良天皇の奥書は何度もなんどもお読み返しになっておられました。その一文は、

今茲に天下の大疫にて、万民多く死亡におよぶ。朕、民の

父母(ぶも)として、徳は覆(くつがえ)すこと能わず。甚だ自ら痛む。

ひそかに般若心経一巻を金字に写し、義堯僧正をしてこれを供養せしむ。

こい幾(ねが)わくは疾病の妙薬たらんことを。

時に天文九年六月十七日

と記されています。ここに後奈良天皇の衷心からの疫病平癒の深い想いをうけとめられました。陛下はこの後、静かに私に話されたお言葉「過去の天皇方が人々に寄り添い、そしてその声に耳を傾けられた。その業績を明らかにしようとの思い、さらにそれが両陛下(上皇両陛下)の御心として伝えられていること、これを大切に深く思う。」

私はこのお言葉を思い浮かべながら、後奈良天皇のご誓願が生き生きと陛下によって語られていることに対し、伝承物の保存、管理の大切さを強く感じました。そしてご即位後お目にかかった陛下にこのことをお話することができました。

醍醐寺は、国宝に指定された文化財をはじめ永世に伝えていく姿勢として、「生かされてこそ文化財」という言葉を大切に尚一層の努力をすべきであると強く思う次第です。

そして「生かされてこそ文化財」の心は、

文化財は、人類の叡智の結晶である。

文化財は、時代を超えて、歴史文明を今日に伝える存在である。

文化財は、人と人との心を通じ合わせる架け橋である。

是非この事をご理解いただき、醍醐寺は京都醍醐を発信地として全世界に対して文化財伝承の大切さを伝えていく所存です。

 

真言宗醍醐派管長

大僧正 仲田順和

新着情報

2020年02月22日
●醍醐寺からのお知らせ

2月23日は、五大力尊仁王会「五大力さん」が開催されます。

五大力さんの「御影」は当日限りの授与となっておりますが、本年は、後日醍醐寺にお越し頂いても授与させて頂きます。体調の優れない場合は無理にお越し頂かなくても対応させて頂きますので、どうぞご安心ください。また、醍醐寺ホームページ上でも御影のお申込が可能となっております。現金書留でも受け付け致しておりますので、どうぞご利用ください。

2020年01月05日
●ホームページのリンクのご案内

貴寺院・教会(但、真言宗醍醐派に限ります)のホームページを当ホームページの寺院紹介ページにリンクをご希望の方にご案内致します。→詳細・申込用紙はこちらから

2019年12月12日
●五大力前行声明研修会のお知らせ

令和2年2月8日午前10時~正午、五大力前行声明研修会が開催されます。ご参加をお待ちしております。宗派内ページより要項、申込書がダウンロードできますので、ご確認、ご活用下さい。

2019年12月12日
●第3回教学研修会のお知らせ

第3回教学研修会が2月8日午後2時から午後4時に決まりましたので、ご案内致します。宗派内ページから要項、申込書がダウンロード出来ますので、ご確認、ご利用下さい。

2019年12月02日
●年末年始の宗務本庁業務のお知らせ

真言宗醍醐派宗務本庁の業務は、令和1年12月28日~令和2年1月5日までお休みとなります。この期間に届いた書類の受付はできませんので、お急ぎの申請等は、お早めにお届けください。また、お電話での業務受付も致しませんのでご了承ください。

2019年10月15日
●台風19号の被害に遭われた皆様へ

この度の台風被害に遭われた方に対し、心よりお見舞い申し上げます。醍醐派末寺・教会の皆様で被害に遭われた方は、宗務本庁まで被害状況をお知らせくださいますようお願い申し上げます。

2018年10月01日
●台風24号の被害に遭われた皆様へ

この度の台風被害に遭われた方に対し、心よりお見舞い申し上げます。醍醐派末寺・教会の皆様で被害に遭われた方は、宗務本庁まで被害状況をお知らせください。

2018年09月05日
●「真言宗寺院教会総合保全会」にご加入の皆様へ

この度の台風21号で被害に遭われた場合、①被害状況のわかる写真②市町村の発行する罹災証明③修繕見積もりの3点を準備して頂き、保全会宛に郵送してください。

2018年09月05日
●台風21号の被害に遭われた皆様へ

この度の台風被害に遭われた方に対し、心よりお見舞い申し上げます。醍醐寺も大きな被害に遭い、現在調査並びに復旧中です。醍醐派末寺・教会の皆様で被害に遭われた方は、宗務本庁まで被害状況をお知らせください。

2018年05月24日
●真言宗醍醐派公式サイトがリニューアルされました。

今後、宗務本庁からのお知らせ、録事等は本サイトで告知されます。宗派内ページへのパスワードは全教師宛に発送いたしておりますので、必ずご確認ください。

●宗費賦課金納入のお願い
教師賦課金、寺院・教会賦課金は、真言宗醍醐派を維持運営するための大切な資金です。期限内の納入をお願い申し上げます。
尚、各種申請、承認、僧階昇補などの際、宗費賦課金の未納金がありますと受付ができませんのでご注意ください。

●「全国末寺・教会の活動」
「全国末寺・教会の活動」は、真言宗醍醐派末寺・教会の皆様で作るページです。
行事の宣伝、告知、活動紹介等幅広くお使いください。投稿は、宗派内ページ(ログインページ)からできますので、是非ご利用ください。